• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

看護部へようこそ

当院の看護部の紹介です。看護部長挨拶、看護理念、看護方針、施設案内などを掲載しています。

Nurse section's introduction

地域に根ざした看護を提供します

看護理念

私たちは、患者様の視点に立ち、心のこもった安全で質の高い看護を提供します。

看護方針

  1. 患者様の生命を尊重し、人間としての尊厳を守ります。
  2. 患者様とご家族の思いを受け止めて、誠実で心のこもった対応をします。
  3. 安全で安心・安楽な療養環境を提供します。
  4. 豊かな感性を育み、専門職として知識と技術と態度の向上を図ります。
  5. 医療チームの一員として責任を持ち、他部門と連携を図り協働します。
  6. 地域住民のニーズに対応し、健康教育・啓蒙活動を行います。

看護部目標

  1. 人権を尊重して安全・安心の看護を提供します。
  2. 患者の望む生き方に寄り添い、よりよい意思決定を支援します。
  3. 知識と技術の向上と倫理的感性を育み、専門職として自律します。

看護部長あいさつ

当院は大仙仙北地域の中核病院として皆様の健康を守る役割を担っております。
当看護部は「ナイチンゲール精神」を合言葉に、根拠ある看護実践と、優しく温かく寄り添う看護を提供するべく日々学び、努力しております。看護提供には知識技術に加え看護師の感性が添えられます。「自分だったらこうしてもらいたい」「こんな言葉かけをしてもらえたらうれしい」という患者目線の看護提供ができたなら良い看護の形になるという共通理解を通し、実践を継続してまいります。
「大きくなったらかんごふさんになりたい。」幼いころそう言っていた仲間、報道やドラマ化された医療現場に心動かされた仲間、看護師である母親のうしろ姿を見て進路を決めた仲間らが看護職として今ここに集結しています。私は、憧れの姿がやりがいにつながり、生き生きと働けるようスタッフを支援し、地域の皆様に笑顔で温かい看護の提供ができる人材を育成してまいります。
「大きくなったらかんごふさんになりたい。」これからもたくさんの方が憧れ、たくさんの方に信頼され必要とされる素敵な職業モデルであり続けるために。

佐々木富美子

看護師が活躍する外来のご紹介

外来は、多種多様の短期治療の場です。当院では、一般的な外来の他、母乳外来・創傷ケアストーマ外来等、専門的な知識を持った看護スタッフが外来で活躍しております。最近では、糖尿病患者様に向けて、フットケア―外来を開設いたしました。
様々な特殊外来の企画で、看護の力を発揮したいと考えております。