外科

概要

 当科は、地域がん診療連携拠点病院の外科として、とくにがんの治療成績向上に力を入れております。スタッフは7名(平成29年4月現在)で、主に東北大学肝胆膵/消化器外科(旧第1外科)出身者により構成されています。消化器疾患を中心として、そのほか乳腺、甲状腺疾患などを扱っております。昨年(平成28年)の手術件数は536例(うち全身麻酔手術411例)でした。これらの多くを悪性腫瘍に対する手術が占め、手術の内訳は胃癌手術64例、大腸癌手術95例などとなっています。 また、大腸癌手術、胃癌手術を含め,多くの手術に腹腔鏡を用いております。当院では3D画像の腹腔鏡装置をはじめとした新しい医療機器が装備され、より安全で高度な手術に力を入れております。がん以外の疾患については、外傷や腹部救急疾患(虫垂炎、腸閉塞、消化管穿孔など)に対し、24時間体制で対応しております。

 当科の特色は集学的な治療に力を入れていることです。近年の化学療法(抗がん剤による治療)の進歩は目覚しく、次々に新薬が作り出されています。がん治療においては手術、化学療法、放射線療法などを効率よく組み合わせることで治療成績の向上が期待できます。当科では、手術を行った後に化学療法を行うという一般的な方法のほか、化学療法や放射線治療を行って腫瘍を小さくした後に手術を行うという方法を、とくに食道癌、胃癌、直腸癌、胆道癌、乳癌などの進行癌に対して施行しております。また、肝胆道系の疾患を中心に針を刺して腫瘍を焼いたり、血管の中から薬を入れて治療したりするIVRという治療も行っております。このように、手術のみならず化学療法や放射線療法、各種IVRを組み合わせることにより、それぞれの患者様に最適な治療法を選択することができます。当科では、これらの治療すべてを一貫して行えるような体制を整えております。今後も、すべての患者様に満足していただけるような高レベルの医療を提供していくよう、努力してまいります。

専門医制度と連携したデータベース事業(NCD)への参加について

 2011年1月1日から、日本全国で実施される外科手術症例に関する情報をデータベース化する事業がおこなわれることになりました。本事業は外科専門医制度のみならず、各種の専門医制度が協働して行う多施設共同研究です。また、データを取り扱う独立した機関として一般社団法人National Clinical Database(日本臨床データベース機構、NCD)が設立され、本事業の管理運営を行うこととなっています。これらの医療の現状把握を目的に実施されるNCD事業に大曲厚生医療センターも参加し、外科・呼吸器外科・脳神経外科における手術症例について登録を開始することになりました。

 その方法につきましては、外科系各科の手術をお受けになった患者さんの診療情報(生年月日、性別、入院日、疾患名、手術名、治療法など)を当事業に提出させていただくことになります。個人情報保護法に基づき個人情報が病院外で特定されることのない形(匿名化)で提出されますので、その点はご安心頂き、ご理解の上ご協力のほどよろしくお願いします。

 また、患者さんが本事業に対して、参加を拒否していただくことは可能であり、拒否されても、日常の診療等で不利益を被ることは一切ありません。ご不明の点があれば主治医にご連絡ご相談ください。

 患者さんにご理解頂きたい事柄を下記に掲載しておりますので、ご一読くださいますようお願いいたします。

NCDへの参加について

 一般社団法人National Clinical Database(NCD)のホームページでは、事業の詳細や倫理的配慮について、掲載されています。詳しい内容については、以下のホームページをご覧下さい。

一般社団法人National Clinical Database(NCD)


学会施設認定

  • 日本外科学会外科専門医指定修錬施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度指定修錬施設
  • 日本消化器病学会専門医制度認定施設

過去の手術症例

      2016 2015 2014 2013 2012 2011
食道 食道切除再建 悪性 1 2 1 1 2 0
幽門側胃切除 悪性 42 27 40 42 28 33
  良性 1 1 0 1 1
噴門側胃切除 悪性 3 1 1 1 1
胃全摘 悪性 19 21 21 21 19 23
  良性 1 0 0 0 0 0
胃切除+近位迷切   0 0 1 0 1
幽門形成(+迷切)   0 0 0 0 1
胃局所切除   2 2 2 4 1
消化管穿孔部閉鎖   2 7 4 6 5
小腸
大腸
回盲部切除 悪性 13 13  16 13 17 8
  良性 0 1 2 4 4
結腸部切、S状結腸切除 悪性 20 29  27 26 22 22
  良性 10 3 14 5 2
結腸右半 悪性 25 23  19 28 25 20
  良性 3 0 0 1 0
結腸左半 悪性 4 7 5 8 6
  良性 0 0 0 0 0
高位前方 悪性 11 15  7 23 15 4
  良性 0 0 2 1 1
低位前方 悪性 9 16 8 6 8
直腸切断 悪性 10 2 1 3 8
経肛門的腫瘍切除 良性 2 4 1 5 0
ハルトマン 悪性 3 3 5 0 0
  良性 12          
腸閉塞症手術   9 22  20 26 32 24
小腸切除   12 12  6 21 8 10
虫垂切除   33 35  42 41 35 27
部分切除   8 13 11 3 3
外側区域切除   2 2 0 0 1
上記以外の区域切除以上   4 3 5 10 7
膵・胆道 胆管切除   0 0 2 1 1
膵頭十二指腸切除   9 9 4 10 10
膵体尾部切除   2 2 2 2 4
胆道バイパス   1 3 0 0 0
胆嚢摘出   65 55  67 54 27 44
総胆管切石   4 4 6 10 12
胆道再建   0 0 0 1 2
脾摘   0 0 0 0 0
乳腺 Bp(+SN)   6 13 18 16 4
Bt(+SN)   13 18  13 5 4 1
Bp+Ax   0 0 2 3 9
Bt+Ax   5 3 7 6 16
甲状腺 悪性腫瘍手術 悪性 2 2 3 2 1
良性(腫瘍)手術 良性 0 0 2 1 1
肛門 ALTA硬化療法   10 11 18 24 14
痔瘻   4 1 1 0 2
直腸脱   5 3 3   2
ヘルニア 鼠径・大腿ヘルニア   87 94  92 91 89 97
閉鎖孔ヘルニア   4 2 3 4 2
腹壁ヘルニア   4 8 4 6 3
腹腔鏡手術
(上記の手術と重複)
  20 13  20 11 4 1
大腸   67 48  67 61 37 7
小腸   0 0 0 0 2
虫垂   12 12 15 16 6
胆道   59 48  58 45 51 42
  0 0 0 0 0
ヘルニア   3 7 8 0 0