薬剤科

概要

調剤業務

飲み薬や塗り薬などのお薬を安心して使っていただけるように調剤しています。1回分のお薬をワンパックにまとめたり、錠剤を粉砕したり個々の患者様に適した調剤を心がけています。
院内の調剤室では主に入院患者様のお薬を調剤しています。医師の処方に対し薬剤師が内容を確認し必要の都度、医師に確認し、安全性の確認された処方について調剤をおこないます。

院内製剤業務

市販にないお薬を、医薬品の原料から患者様の治療に適した剤形の製剤化や、調製を行なっています。
また院内や患者様が使用する消毒剤の調製を行っています。

注射薬調製業務

患者様の中には、ご飯を食べることが出来ず、点滴により栄養を摂取していただかなければいけない場合があります。
無菌調製室ではそのような患者様の注射を無菌的にミキシング(混合調製)を行っています。
また抗がん剤のような用量の調節が厳密な薬剤については薬剤師が何重にもチェックするとともに、混注監査システムを導入し、安全に患者様に治療を受けていただけるように心がけています。
外来患者様が治療を受けるための外来治療室にも薬剤師が配置され、抗がん剤や抗リウマチ薬などといった注射剤を調製しています。

薬品管理業務

医薬品の適正供給と品質管理を行い、薬品の期限切れをチェックしたり、適正在庫の管理を行っています。

服薬指導業務

入院中の患者様については、病棟に配置された薬剤師が医師、看護師と連携してお薬の適正使用の方法を患者様に説明しています。
また入院中に使用するすべてのお薬について薬歴管理(飲み合わせ、重複、アレルギー等々の確認)を行うとともに、ベッドサイドへ伺って効果や副作用を確認したり、患者様の訴えをお聞きしており効果的な薬物療法を支援します。
新病院では新たにサテライトファーマシーが各病棟につくられ、薬剤師がより患者様のもとへ伺いやすくなりました。

外来の患者様については、お薬について疑問があったり、新たに自己注射を開始される患者様への説明の場として服薬指導室をご用意しています。これにより患者様のプライバシーにより配慮した空間でのお薬の説明や、自己注射を実際に行ってみることも可能になっています。

また、一部診療科では抗がん剤を服用している患者様への薬剤師外来を行っています。薬剤師外来では、新たな抗がん剤をはじめる患者様への副作用等の説明や、抗がん剤の副作用発現状況を確認し医師へ適切な薬物療法を提案しています。

薬品情報業務

月1回の薬局情報紙【TIME FOR DRUG】の発行により、医師をはじめ他職種の職員にも医薬品の最新情報を提供しています。

その他に入院患者さんの持参薬をチェックし効能、残薬数を確認後病棟に情報を提供したり、抗生物質の適正使用のために血中濃度の測定を行っています。

治験薬管理業務

治験薬の管理、払い出しを主な業務とし、採用、審査に関しては医師と協力して行っています。